戦場はこの私の手中に落ちた♫行け、私の第3の目

現在の予定としてはレインボーシックス関連のブログを少しずつ更新する予定です!

マーカス・ラッシュフォードの評価

f:id:R-A-T007:20190927112728j:plain

マーカス・ラッシュフォード(1997、10月31日)21歳・背番号10
187センチ70キロイングランド・右足
ポジション・ST、両WG、両サイドMF

 

選手の主な特徴

将来性・★★★★★(5段階評価)

期待・注目されることロナウドベッカムのように絶対的チームの顔になることが期待される。

特別な才能など・絶好調の時のゴール前でのキレのあるドリブルや強烈なミドルシュートはチーム内でも別格。

美点・上記に上げられるシュートとドリブルが魅力。
弱点・オフザボールに関する思考や、工夫が見7られない。
シュートが打てなかったり、決まらないとイライラし始め、無意味なとこからシュートを打ちたがる。

 

攻守両方に当てはまる能力

 

足の速さ(9)チーム内でも屈指のスピードスター

スタミナ(8)1試合フルで走れるスタミナを有する

フェジカルの強さ(5)あまり競り合うことを望まないように見える。

空中戦の強さ(4)身長はあるが、競り合いを基本せず、競り合った時も気迫がない。


FK能力(7)カーブシュートもうまいが、キック力を生かしたパワーシュートはチーム1。精度もかなり高い。

PK能力(9)プレミアではまだ1回しか外しておらず、そのシュートもバーに当たるなどかなり決定力がある。

逆足(6)

怪我のしやすさ(5)イングランド代表や、FW人が足りないなど負担がかかっている。
そういった状況を加味してやや厳しめ評価
疲れやすさ(3)上記同様の理由
調子の安定度(4)

 

 

攻撃評価基準

 

意識(8)攻撃に関する意識がとても高く、足の速さや、ドリブル力を生かしたカウンターでのスイッチの入れ方は一級品。


タイプドリブラータイプのストライカ


ポジショニング・オフザボール(4)CBとSBの間、ややCB寄りでボールをもらいたがる傾向にある。
つまり中央で、工夫なく貰いたがる。

ポジショニングタイプ・オフザボールタイプ・ほぼ工夫なく、高い位置でとどまる。
たまに降りてきてパスをもらってさばいたり、スペースに動くことはあるが回数が少ない。
武器となりうるスピードを生かした裏抜けも、スペースがとても広く開いてないとトライしない。
サイドのスペースを使ったり、中の空いたスペースの使い方を勉強してほい。


ドリブル力(9)絶好調の際のキレのあるドリブルは取られる気がしない。
キープ力(7)

シュート力(9)40メートル級も決まるのではないかと思うほどの強烈なキックを持っている。
決定力(5)ゴール前での決定機で良く止められる印象。
どちらかというと、ミドルや、やや距離のあるFKに可能性を感じる。

ショートパス(5)チームとしてのオフ・ザ・ボールがなかったり、自分が決めるという意志が強いのか決定機でのチームメートへの演出はあまり見られない
無理な時は、フリーの選手に捌くイメージ

ロングパス(普段、選択することがない)
クロス((普段、選択することがない)サイドに走らなかったり、サイドの際は中に入るための動きをしたり、ドリブルで仕掛けることが多いせいで。
視野(5)

セットプレイの対応力(3)上背はあるのに、激しくせらないためか得点シーンを見たことがない。
ここでの工夫、思考、闘志の向上は必須

 

守備評価基準

 

意識(3~7)ポジションやコンディションによってかなり波があるように感じる。

タイプ・スピード&プレッシャー

ポジショニング・オフザボール(基本は、無理せずアタックはしない。チャンスやタイミングによってトライ【プレッシャー】)
ポジショニングタイプ・オフザボールタイプ(守備をするときは、美点のスピードを生かしプレッシャーを与える)

1対1の対面の強さ(3)

VS複数人での対応(基本、役割に当たらない)

守備範囲(3~6)やる気次第

トライ意識(4)

セットプレイの対応力()

 

個人的意見

世界屈指のSTになれると思っている。

ただそのためには、1にオフ・ザ・ボール、2にオフ・ザ・ボールだと思う。

後は、どんな戦況でも焦らず自分の仕事お全うしようとするしたたかさが必要。

彼に一番求められてるのはゴールやアシストで得点に関与すること。

イライラを募らせて自暴自棄になる癖を直さなけrば行けないと思う。

後は、せっかく身長があるのだから、もう少し気迫をもって浮いたボールに執着してほしい。